今更のロス疑惑の一美さん銃撃事件で

「ロス疑惑」の三浦和義容疑者、27年を経て米で逮捕

 【ロサンゼルス支局】米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)は23日、米警察当局が、27年前のロス疑惑「一美さん銃撃事件」で殺人罪などに問われ、日本で無罪となった元輸入雑貨会社社長、三浦和義容疑者(60)を、妻一美さん(当時28歳)殺害容疑で逮捕したと伝えた。
 同紙によると、北マリアナ諸島サイパン島を訪問中に身柄を拘束された。ロサンゼルスで裁判が行われる見通しという。逮捕までの捜査の詳細などは不明。
 1981年11月にロサンゼルスで起きた「一美さん銃撃事件」では、三浦容疑者と一美さんが銃撃され、約1年後に一美さんが死亡した。
 一美さんには約1億6000万円の生命保険がかけられており、警視庁は88年、受取人の三浦容疑者を殺人と詐欺の疑いで逮捕。その後、1審で三浦容疑者は無期懲役となったが、2審で無罪。2003年3月、最高裁が検察側の上告を棄却、三浦容疑者の無罪が確定した。
読売新聞(02月23日21時28分)の生地より

30年近く前の事件があの当時はテレビで大々的に特集みたいにやって居たのに・・・・・
最高裁の上告棄却で確定していたと思っていたら、ま~あ事件現場はアメリカ合衆国内の事件だからアメリカの裁判所で裁判されてもおかしくはないよね。でも有罪になった場合どうのようなことになるのだろうね。チョット気になるな~、殺人罪での有罪となると帰ってきてからも、日本国内においては殺人罪の時効はとうに過ぎてるし、何より一事不再理でこのことでの裁判は開かれないな。
ま~この裁判でなにが出てくるのでしょうかね。殺人罪に時効が無いアメリカだから27年過ぎてからでも逮捕って事もあるんだね。
日本の場合は逃げ得だものね。普通に生活して一定の期間が過ぎれば無罪放免なんか釈然としないね。
アメリカで、60歳になった三浦和義容疑者を一美さん殺害で有罪に出来るかな~?。有罪になったらどれくらいの刑になるのかね、其処のところも気になる。今後も三浦和義容疑者の裁判情報出てくるのかな~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まさ
2008年02月24日 03:10
今さらまたつかまるとはニュース見て驚きました。ホントのところどっちなんでしょ~?

この記事へのトラックバック