配偶者控除?

来年度の税制改正の焦点になっている所得税の配偶者控除の見直しで、税が軽減される妻のパートの収入の上限を、今の103万円から130万円や150万円に引き上げる案が出ていとか・・・、103万の(所得があっても税金がかからない)金額があるよね、その103万が130万とか150万とかに変わっただけ??、あほかって言いたいね、そんなことしたって、その金額になったら、働くの調整して130万とか150万に抑えるって事じゃんかね。本当にこれで改革なのかね。

よねちゃんだったら、配偶者控除は0円にするね。で世帯主に対して(配偶者がいる人の場合)、の控除を130万ってするね、元論扶養者(子供、両親、兄弟姉妹、孫、甥姪、等々)の控除は今まで通り一人につき38万ただ、世帯主配偶者の分を含んだ控除、その他住居人は103万までと同じにする。
世帯主で無い配偶者は、38万の控除がないため、給与所得者は給与所得控除だけ(162万5000以下の人で65万分)
180万を超える人はそれぞれに計算により72万以上控除があるのみ、増税にはなるが、専業主婦には自分の扶養控除で38万がないのだから平等である。
65万以下の給与所得にする人が出てもいいように、65万以下の所得者については、その人の所得とはしないで、世帯の所得として世帯主が世帯主の所得として2月から3月末までの間で確定申告又は、世帯主が働いている会社に年末調整の修正申告をさせる。(人事労務をする人としては大変かな~~)

でもそうすることで、配偶者の給与所得からは、税金が徴収できる増税になるね。
世帯主の分からは、控除額が増えるから今までよりは、確実に減税になるのではないかな。
もちろん収入制限での扶養控除対象にはしない。
無収入だろうが、10億あろうが同居人なら、扶養控除対象の38万が控除できるようにする、給料が有ろうが無かろうが、扶養することは一緒だからね。

扶養対象者は、収入で確認するのでないため、後日に、住民票でのチェックだけだから役所も簡単なのではないかななんて思うよねちゃんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック